ダブルスのポジショニングのセオリー

テニスのダブルスで試合に勝つために大切になるのが、味方が打ったボールに対してのポジショニング。

 

ポジショニングのセオリー

 

テニスのダブルスでは、コート内のポジショニングを変えるだけでもポイントが取れる確率が大きく変わるからです。
よりよいショットを打つためにも、よりよいポジションや準備をすることが欠かせません。

 

 

そして、ダブルスではなるべく相手が打つ場所を狭くしておくことがポジショニングのセオリーなので、ボールの方向に合わせてやや左右に移動するのが基本になります。

 

 

例えば、味方の打ったボールがサイドに行ったら、それに合わせて前衛も1歩ほどサイドに位置を変えるようにして、ストレートを抜かれないように配慮します。

 

 

特にアレーコートから相手がボールを打つ時にはストレートが一番広く見えますし打ちやすいコースなので、しっかり塞いで、相手が打てるコースを狭めましょう。

 

 

逆に相手のボールがサイドに行き、味方がサイドにボールを取りに行ったら、前衛は1歩ほどセンターに寄るようにします。
ペアがサイド寄りにそれぞれ立っていると、センターに大きな穴が出来てしまいます。

 

 

いずれにしても、味方の打ったボールがクロスの場合、時間的に余裕がないのはストレートに打たれるボールです。
ですから、味方が打ったボールに対して、ストレートをケアする形でポジショニングを取りましょう。

 

 

また、コースを変えた時も、必ず取られてはいけない、押さえておかないというポジションがあります。
真ん中のエリアのボールは逃がさないようなイメージで、ボールをコントロールした方に対して動くというのが、ダブルスのポジショングでの大切ポイントです。

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる