ストローク、サーブ、レシーブのコツ

ここではテニスのダブルスに勝つ為に必要なストローク、サーブ、レシーブのコツを中心にお伝えしています。
上達し強くなる為の参考になれば幸いです。

ストローク、サーブ、レシーブのコツ記事一覧

フォアハンドとバックハンドが上手く出来ていますか?テニスのダブルスの試合でも頻繁に使うストローク技術の基本となりますが、安定しないという人も多いものですね。そしてフォアハンドは、ボールが来る前のティクバックを見て、上手い下手が分かるとも言われるくらいティクバックが重要なんですね。特にテニス初心者は、手で引いた手打ちにどうしてもなりがちですが、腕を後ろに引く動作のテイクバックの段階で体を捻じっていな...

テニスのトップスピンのかけ方(打ち方)をご存じですか?トップスピンはテニスのダブルスでも、試合でのストロークの大部分を占めるとても大切なテクニックですね。普通のストロークと比較すると、より多くボールに前回転をかけるようになるので、ゆっくり振ってもウピンが掛からないので、ボールに対してラケットを下から上に振り上げて、ボールをこすり上げるようにスイングする必要があります。そんなトップスピーンの打ち方の...

攻撃的なロブ(ロビング)でポイントをとることが出来ていますか?相手コートの後方へ落ちるように、高く緩いボールを返すロビングは、前衛がネット近くにいるテニスのダブルスでは効果的なショットになりますね。そして、相手の陣形を崩したり、自分の体勢を崩された時に時間稼ぎをして体勢を整えるロブは、回転が少なくても深く打つことが必要です。ですが、相手の頭上を越えてエースを取るためには、トップスピーンの掛かったロ...

ダブルバックハンドで上手く打てますか?ダブルハンドは腕の使い方が難しかったり、フットワークが必要だったりと難しいショットですが、自分の打点で上手く打てた時の威力はシングルハンドの比ではないので、打ち方を覚えればダブルスでも大きな武器になりますね。とは言え、思い切り振り抜いた時にはじめて、スピンの効いた強力なショットになります。そんなダブルバックハンドの打ち方のコツは、力まないで左手主導の自然な円を...

ダブルスで、良いサーブが打てていますか?テニスのサーブはサービスラインの内側に入れるショットですが、必要以上に短くなると、相手に簡単に攻められてしまいます。その為、威力のある速いボールを深く打ち込みたいものですよね。そんなサーブの打ち方のコツは、コンチネンタルグリップで、インパクの時にはラケットと腕が「く」の字になるようにとらえる形にし、その際には全身をバネのように使い、軸足で地面を押しながらフォ...