ダブルスのサーブのコツ

ダブルスで、良いサーブが打てていますか?
テニスのサーブはサービスラインの内側に入れるショットですが、必要以上に短くなると、相手に簡単に攻められてしまいます。

 

 

その為、威力のある速いボールを深く打ち込みたいものですよね。
そんなサーブの打ち方のコツは、コンチネンタルグリップで、インパクの時にはラケットと腕が「く」の字になるようにとらえる形にし、その際には全身をバネのように使い、軸足で地面を押しながらフォワードスイングすることです。

 

 

また、トスと一緒に膝が伸びきってしまうのは良くありません。
トスする際のボールの持ち方は、中指の付け根にボールを乗せている感じで、コツプを握るようにして、そこから少し斜めに傾けて。手だけでそのまま上げると真っ直ぐにトスアップしやすいです。

 

 

肩を支点にして上にあげるイメージをもっと良いかもしれませんね。
また、顔の高さくらいでボールを離します。
スイングの方向は、インパクトしてから斜め上の方向にラケットを放り投げるイメージです、振りおろしは惰性です。

 

 

また、トスを上げた後は顔の位置に打点のところに残しておくという意識を、スイングが終わるまで持つことも重要なポイントです。
サーブの軸足は左足になり、膝の力を抜いて沈み込みますが、この時に急激な動きをしてしまいと力がたまらないので、ゆっくり動くことで下半身も安定してパワーを溜め込むことが出来ます。

 

 

そして、1m跳び出すイメージで、インパクトに合わせて地面を蹴り、下半身にためたパワーを一気に開放しましょう。
良いサーブが入ったら、相手の返球が浅くなりやすいので、すかさずベースラインの内側に入って構え、時間的余裕を相手に与えずに更に追い込むようにしていきましょう。

 

 

いずれにいても、まずは全身をバネのように使いながら、上手くトスアップ出来るリズムを掴んで、強く深いサーブが打てるようにしっかり基本を身につけていきましょう。

 

 

ダブルス必須のテクニックを教えします!

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる