アングルボレーの打ち方

アングルボレーが上手くできますか?
テニスのタブルスではコート幅が広いので、コートのサイドラインの内側にある区域のアレーに落とすことが、相手を動かすカギ―となりますね。

 

 

その為、角度をつけて相手の届かないところに打つアンクルボレーが出来るようになると、ネットプレーの幅が広がり、それだけ試合展開を有利に進められます。

 

 

そして、アングルボレーの打ち方で大切になるのは、ラケット面の角度の正確さでしょう。
それには、ラケットと手首の間の角度を変えないことと、手首を必要以上に開かないようにすることです。

 

 

また、打つ時にはラケットヘッドを立てて使い、大きな踏み込みや手首の強いパンチは必要はありません。
ストリングの反発力のみでボールを飛ばすようにし、それを感じて飛距離を調節するようにします。

 

 

打点はフォアボレーなら、手を斜め前に置くようにすれば面は左に向き、反対に後ろでとらえれば右を向くようになります。
また、練習方法としては、お互いがネット際に立ってクロスの対角で打ち合ってみると良いですね。

 

 

角度がつく打点や高さ、タッチの強さなども同時に身につけられるでしょう。
特に身長の低い人やパワーがない人にとっては、リストワークとタッチを心掛けて行えば、非力さをカバーする武器になるテクニックなので、しっかり打ち方をマスターしましょう。

 

 

なお、角度を出そうとするあまり、手打ちになってしまっている人が少なくありませんが、アングルボレーの打ち方を改善することで、狙ったところに思いのほか楽に打つことが出来るようになります。

 

 

このテニス全日本選手権ダブルス覇者 佐藤博康監修のテニス・ダブルス上達革命DVDでは、コースが安定しないアングルボレー改善法が学べます。

より深く角度がつけられるようになったりすることで、ショットが決まりやすくなるでしょう。

 

ダブルス必須のテクニックをお教えします!

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる