チャンスボールを決めるコツ

チャンスボールを決めることが出来ていますか?
特にテニスでダブルスで多いのが、ネットに出たのに浮いたボールを叩けずに自滅してしまうパターンでしょう。

 

 

当然、ボールが浮いているのに足を止めて待っているのと、自分から迎えに行くのとでは結果が大きく変わりますよね。
ですので、まずはこれから抜け出せると上級者に近づくことが出来ます。

 

 

緩く力のないボールに対しては自分の動きでパワーを与え、反対に速いボールの場合はそのパワーを利用することがチャンスボールを決めるコツです。

 

 

ですので、ネット前に詰める時は、通常のボレーよりも前の肩をボールに寄せるようにし、体をねじろうとするのではなく迎えに行く動きの中で少し回転するようなつもりで備えて、ボールを呼び込むような感じで行うとやりやすいです。

 

 

この時には体重を乗せて大きく足を踏み込み、打点を通過するように胴体ごとぶっかっていくイメージで行うのがチャンスボールの打ち方のコツです。
フィニッシュでは手首をこねたりグリップを握り過ぎないようにし、ラケットに当たった後は打球方向に手首を残すようにして打ち込みましょう。

 

 

また、練習としてはラリーをすると効果的です。
この時には、ネットから離れて立ち、そうするとその前に大きなスペースが出来るので、そこに踏み込んで打ち、元に戻るという動きを繰り返しながら行うと良いと思います。

 

 

なお、せっかくチャンスボールがきても、力が入ってネットインやラインオーバーになって外してしまう人もいますが、これはラケットの構え方が正しくない為に動きがぶれてしまうからでしょう。
ラケットヘッドは立てて、腕はリラックスさせて楽に持つことを思い出しましょう。

 

 

肩や手首に力が入っていると、引き過ぎや手打ちの原因になってしまいます。

 

 

このテニス全日本選手権ダブルス覇者 佐藤博康監修のテニス・ダブルス上達革命DVDでは、チャンスなどで詰める時のボレーのラケットの構え方と使い方、スイングのコツなどが映像で分かりやすく解説してあります。
また、ギリギリでコースを変えない、次のボールに対しての準備をすることも重要で、そのあたりも詳細に説明してあります。

 

チャンスを活かせるボレーの打ち方をお教えします!

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる