バックボレーが苦手

バックボレーが苦手ではありませんか?
テニスの試合で、片手でバックボレーをすると打球が浮いてしまうなど悩みがある人も少なくないかもしれませんね。

 

 

そもそも手元だけ使って打とうとしても、ボールに力が上手く伝わらずフレームショットも多くなって、手首などを痛めやすくなってしまいます。
その為、全身をしっかり動かして打つことがポイントです。

 

 

そんなバックボレーの両手の打ち方は、セットして打点を思い描き、ボールがきたらイメージしたところに踏み込みながらインパクトし、そのまま打点を通りすぎるようにします。
この時には、左手を使ってセットし、体を45度くらい捻って、肩越しにボールを見ます。

 

 

そして、膝は軽く曲げて、軸足の太腿に力を入れるように負荷をかけ、ボールの後ろで準備しましょう。
打つ前は軸足を出して力を溜めて、逆の足を踏み出し、打った後に2歩前に走り抜けるような感じで打つと良いです。
このように足の動きからの体重移動でボールを飛ばすようにするのです。

 

 

特に、前に踏み込みながら打つハイバックボレーは腕力に頼りすぎていると上手くボールが飛ばせません。
また、片手でバッウボレーが浮いてしまうのは、必要以上に強く打とうとしてラケットを引いてしまうからでしょう。

 

 

ですが、バックボレーは良い打点でとらえさえすれば、体重移動をを上手く利用して無理なくボールを飛ばすことが出来るのです。
それでも上手くできないようなら、重いラケットを使っている場合も考えれるので、少し軽めで大きいものに変えてみると良いです。

 

 

そうすれば軽い感触でのインパクトでボールが飛ばせるようになる筈です。
なお、ボディーショットに対しては、ラケットの可動域が広いバックハンドで返すことが基本になります。
例え踏み込めない時にでも、ラケット面のみでコントロールが可能になるので、しっかりバックボレーの打ち方を身につけておくことが大切です。

 

 

このテニス全日本選手権ダブルス覇者 佐藤博康監修のテニス・ダブルス上達革命DVDでは、バックボレーが苦手な方に向けて、上半身の使い方などのコツが映像で分かりやすく解説してあるので、体の正面などのボレーも楽に打てるようになれるでしょう。

 

体の正面でのボレーが苦手な選手の苦手克服法をお教えします!

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる