ジャンピングスマッシュの打ち方

ジャンピングスマッシュを決めることが出来ますか?
テニスのダブルスでは、前衛の攻撃力が高いほど、相手にプレッシャをより多く与えることができますね。

 

 

それに欠かせないのが威力のあるスマッシュと相手のボールをとれる守備範囲の広さです。
特にダブルスでのロブは、シングルスに比べて深い位置に打たれることが多いものです。

 

 

後衛に任せたり、ハイボレーで返すようにすることも出来ますが、頭上を越えるようなロブでも積極的にスマッシュが打てるようになれば、一皮むけた攻撃力の高い前衛になれます。

 

 

その為には、ジャンピングスマッシュの打ち方をしっかりマスターにしておくといいでしょうね。
軸足で地面を蹴って、斜め後ろにジャンプ。
この時にはラケットはテイクバックして後ろに引いておきます。

 

 

そして、跳び上がった勢いで腰から肩を一気に回転させてボールをとらえて打ちましょう。
また、インパクトの直前に、手首は緩くしておいてリストを利かせて打つようにすれば、威力も増します。

 

 

ただ、威力があっても、浅いボールは拾われやすいので深めに打ったほうが決まりやすいです。
とは言え、一辺倒だと相手に読まれてしまうので、状況に応じて打ち分けるようにしていきましょう。

 

 

このテニス全日本選手権ダブルス覇者 佐藤博康監修のテニス・ダブルス上達革命DVDでは、右足と左足の使い方などのジャンピングスマッシュのコツが映像で分かりやすく解説してあります。

 

ダブルス特有のスマッシュの秘訣とは?

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる