雁行陣の攻め方

雁行陣の攻め方が上手く出来ていますか?
雁行時は、前衛がネットにつき、後衛が斜め後ろに守る形が雁が群れて飛ぶ様子に似ていることからその名がついています。

 

 

テニスのダブルスで、2人で協力して攻めるには無駄のない効果的なフォーメーションです。
何より、あらゆる状況で中心を狙うというセンターセオリーを行いやすく、ラリーにも向いています。

 

 

ネットの中央は、その両端よりもおよそ15センチくらい低く、初心者ならこの差は大きく、サイドに打つとそれだけネットにかかりやすいのです。
逆に言えば、相手に打たせればいいということです。

 

 

実際に世界のトップ選手もミラクルショットを連発しているわけではなく、多くは安全第一に中心を攻めて、アプローチやアタックゾーンなどに来た浅いボールをフィニッシュに持ちこんでいるんです。

 

 

そして、戦況や相手の特徴などによってもポジションは変えますが、常に雁行の形を維持することが大事です。
また、レシーブ側のネットプレーヤーは、サービスラインとセンターサービスラインの交差付近のTゾーンのあたりにいて、相手の動きを見てネットに詰めるようにしたほうがいいでしょうね。

 

 

サービスを受ける味方選手との間隔が空き過ぎてしまうとエースを簡単に決められてしまいますし、かといって前に出過ぎているとポーチに対応する時間が短くなり、ミスしやすくなるからです。

 

 

この雁行陣で勝敗を左右するのが、バックプレーヤーのショットの質です。
後衛は、サービスやクロスボールを確実に相手コート深く入れ、浅いチャンスボールを引き出すことが仕事になるからです。

 

 

ただ、クロスへ漠然と繰り返して打っていては、相手から浅いボールを引き出すことが出来ないので、時にはラリーのコースを変えてセンターやワイド、スライスボールを打ったりして相手後衛を揺さぶることが大切です。

 

 

そして、最終的には味方の前衛にポーチなどをさせ、決めていくようになります。
なお、基本的にはバックプレーヤーは攻撃してはいけません。
例え、ストレートのコースが空いていても、それは相手の戦術で、打ってもネットの高い部分に当たって阻止されたり、アウトになる可能性が高いのです。

 

 

ですので、ショットが入った時には、相手のポーチにかからないようにして、出来るだけクロスに深いボールを返しましょう。
但し、浅いボールがアタックゾーンに入って、余裕があって打てる時にはストレートに攻撃するのが効果的です。

 

 

このテニス全日本選手権ダブルス覇者 佐藤博康監修のテニス・ダブルス上達革命DVDでは、ポーチボレーで攻め込まれやすい、逆に相手を崩せるショットなどが映像での解説でしっかり学べます。

 

勝敗を決めるのに忘れがちな、雁行陣でのショットの注意点とは?

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる