並行陣対雁行陣

現代テニスでは、比較的テンポが緩やかな雁行陣よりも、より攻撃的でテンポの速い並行陣で勝負を挑みます。

 

並行陣対雁行陣

 

ダブルスの基本陣形は、サービスライン付近に立つ前衛と、エンドライン付近に立つ後衛が左右に分かれてコートを守る雁行陣ですが、決め手がなくラリーが長くなると、自分のミスの可能性もそれだけ高くなってしまいます。

 

 

なるべく早いタイミングで並行陣に移行するといいかと思います。
この時に何が何でも前に出ると、足元に打たれて処理が難しいローボレーになってしまいます。

 

 

相手が攻撃しにくいショットを打って前にでたいものです。
また、サーブで前に出るサービスダッシュもその一つです。強烈なサーブが入れば、相手からよいリターンが来る可能性は低いですね。

 

 

ストレートにロブを打って相手の前衛を越し、後衛が走って繋いだ時も、ストレートラリーに持ち込まず、そのまま前に詰めます。
相手は返球に精一杯ですから、前に詰めていれば次のボールをボレーで決めれる可能性も高くなりますね。

 

 

また、相手の足元や、エンドライン際の深いところに入った時も、相手から攻撃される可能性は低く、緩やかなボールが返ってきそうなので、すかさず前に詰めましょう。

 

 

常に前に詰めてチャンスを伺う意識が重要です。
そして、相手から時間を奪うために常にネットから近い位置でボレーを取るというイメージで行いましょう。

 

 

一般的に、一人が前に行ってボレーをしている場合に、もう一人が右雁行陣といって、少し後ろに下がるのが良く見られます。
ですが、今のダブルスでは、パートナーの打ったボールに対して自分の守る範囲があるので、そこをあまり意識しないでも、前に詰めた場合でも、ロブに対しても対応できるポジションを取っていくことが、今のダブルスに必要なポイントです。

 

 

それにはパートナーの打ったボールに対してポジションを、相手が打てる角度の真ん中に入るような位置取りをすると良いでしょう。

 

テニス・ダブルス上達革命DVDの詳細を見てみる